撰集抄 - 西行

Add: bymupyd58 - Date: 2020-12-02 18:35:12 - Views: 6019 - Clicks: 4117

西行撰集抄 (椙山女学園大学デジタルライブラリー) 『西行撰集抄』(さいぎょうせんじゅうしょう)は、西行に仮託されて 作られた作者不詳の説話集です。鎌倉時代に成立したと言われています。. 撰集抄 - 西行 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー. 『撰集抄』(せんじゅうしょう)は、作者不詳の仏教説話集で、西行に仮託されている。跋文に寿永2年(1183年)讃岐国 善通寺において作られたとあり、江戸時代まで西行の自作と信じられたが、後人の仮託であることは研究の進展によって明白になった。. 西行(さいぎょう) 京都通百科事典(r)の詳細解説のページです。京都観光・京都検定受験の参考にもして頂ければ幸いです。. 西行撰集抄 第一巻. 西行筆とかつては伝えられたこの書には、遁世者と往生の様がくりかえし語られています。 公式的な文章がやや鼻につきますが、筆者の真剣な思いが『撰集抄』にこめられています。. 西行説話文学論 <撰集抄 西行物語> ¥ 9,000 山口眞琴 著 、笠間書院 、年 、537, 28p 、22cm. 【他出】山家心中集、西行家集、定家八代抄、西行物語、六華集 【参考歌】遍昭「後撰集」 折りつればたぶさにけがる立てながら三世(みよ)の仏に花たてまつる.

その「撰集抄」に上のような摩訶不思議な記述がある。西行が人造人間をつくろうとして失敗したというのだが、これが何を意味するのか、不思議なことである。 右の記述を要約すると次のようになる。. 西行桜(さいぎょうざくら);京の春、西行は桜のために邪魔されることを嘆き 「花見んと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の とがにはありける」と詠む。 西行が桜の木陰で寝ていると桜の精が現れ「どうして桜にとががあるものか」と反論される。. 『撰集抄』第五「高野山において人形を作る事」より: 西行のアンドロイド 私 西行が、高野山の奥に住んでいたころのこと. 西行 安田章生著 弥生書房. 普賢菩薩と牲甕上人 七九 この「撰集抄」は西行の作と云はれ、壽永二年目=八二)の序もあるが、故藤岡作太郎型置の翼翼の如く、との所見を附記してみる。. 〈出典=「撰集抄」〉 〇鎌倉中期成立(13世紀 中頃、1264~1275年?) 〇作者 未詳→(後世の者が)西行に仮託して書いた 〇<仏教説話>→121話 〇内容 →歌人である西行の見聞・逸話が多い →信仰心を持った仏道修行者の話が多い 〈概要〉.

西行撰集抄 (椙山女学園大学デジタルライブラリー) 『西行撰集抄』(さいぎょうせんじゅうしょう)は、西行に仮託されて 作られた作者不詳の説話集です。鎌倉時代に成立したと言われています。. Amazonで西行, 西尾 光一の撰集抄 (1970年) (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。西行, 西尾 光一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 撰集抄の用語解説 - 鎌倉時代の仏教説話集。著者,成立年未詳。9巻。 121話。神仏の霊験,高僧の法徳,発心遁世話などの説話を掲げて,著者の感想を記し,仏道をすすめる。寿永年1月讃岐の善通寺で記したという跋文をおくなど,西行の著作の. 撰集抄 岩波文庫(昭和45年) 西行物語 講談社学術文庫. 撰集抄巻五第六西行と待賢門院中納言の局が対面したこと待賢門院に、中納言の局という女房がおられました。待賢門院がお亡くなりになられて後、出家剃髪して小倉山の麓に、仏道に帰依してお暮らしになっているとお聞き申し上げたので、長月のはじめの頃、かの御室に参上し申し上げまし. 西行の反魂術:西行伝説: 高橋英夫は、西行の武士としてのたてだてしさを指摘した後、西行の得体の知れない奇怪さにも触れ、その一例として、撰集抄の一節を紹介している。第十五話「西行於高野奥造人事」である。. 西行 白州正子著 新潮文庫.

撰集抄 9巻の解題/抄録 鎌倉時代成立の説話集。巻頭に「西行記」とあるように、歌人西行(1118-90)の著作と信じられてきたが、近代になって、西行に仮託された書であることが明らかにされた。. ろうか。「西行伝から窺われる経歴とその資質からは、彼は本誌の『撰集抄』の読者は、この人造人間説話をどのように受けとめただ『撰集抄』が西行作と信じられていた時代は江戸時代までつづく。であり、そこにかかる橋とは、奥の院玉川に掛かる一の. 撰集抄 撰集抄の概要 ナビゲーションに移動検索に移動ポータル 文学概要鎌倉時代後期、興福寺関係の僧が製作にかかわったという説がある。仮託とはいえ漂泊の歌人としての西行像を形成するのに貢献した。御伽草子・謡曲の素材. ・「撰集抄全注釈 下巻」撰集抄研究会編著、笠間書院、(資料番号) ・「西行全集」久保田淳編、日本古典文学会、1982(資料番号) ・「西行全集第2巻」西行著、ひたく書房、1981(資料番号). ても、西行以外の作者の閲歴を記したものとみても&39;内部に矛ざるを得ない。このようにtF撰集抄』は&39;西行仮托の書とみ年齢を確めえなかった結果としても&39;拙劣にすぎる仮托と言わ四十八年となり&39;作者の年齢が四十余歳というのは&39;西行の実長承四年二二二五. 西行は実際に讃州善通寺を訪 (4 〉 のが西行自著でない以上、現在我々が考証の結果知り得るものとは別八一二)年では史実に反する。それはそれで良しとしよう。『撰集抄』れているが、それは仁安三(一二ハ八)年のことで、寿永二(一一 西行年譜w u. この『西行撰集抄』の挿絵も、独特の画風から西鶴の手になるものと推定される。 『撰集抄』は西行に仮託された中世の説話集で、江戸時代には西行の作と信じられた。西鶴同世代の芭蕉の愛読書でもあった。.

河内国弘川寺にて示寂。 家集に『山家集』『聞書集』『残集』『山家心中集』『西行上人集』があり,『西行上人談抄』はその歌論を伝える。『撰集抄』は西行に仮託した説話集で,『西行物語』とともに伝説的西行像の源泉を為す。『新古今集』入集第1位。. 西行 目崎徳衛著 吉川弘文館. 西行論 吉本隆明著 講談社文芸文庫. 西行法師の反魂法【撰集抄】 歴史の教科書でもお馴染みの西行(1118年~1190年)は、 平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて僧侶・歌人として活躍しました。. 西行(さいぎょう);元永元年(1118年) - 文治6年2月16日(1190年3月31日)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・僧侶・歌人。 右図;西行法師_菊地容斎画 父は左衛門尉・佐藤康清、母は監物・源清経女。.

江口・桂本の尼 連歌のこと (撰集抄・巻五) 治承二年(1178年) 西行六十一歳。 長月(九月)の頃、西行法師は西住法師を伴って、西国に赴いた。. 「撰集抄』説話の特質 l歌の功徳をめぐってI ⑪ 歌の引用について、その引用の、史実とはかなり食い違うものがまでの研究成果の多くは、『撰集抄』において顕著にみられる和 注3 多いゆえ一の杜撰さを指摘し、「西行自著として到底あるまじき時 注4. 松平文庫本『撰集抄』 作品名撰集抄底本松平文庫本影印国文学研究資料館所蔵和古書・マイクロ/デジタル目録データベースライセンス著作権者中川聡/Satoshi Nakagawaソース 凡例 * この電子テキストは『撰集抄』の校訂本文と翻刻です。. 西行伝説形成論 目 次 本序 撰集抄 - 西行 会ι 附旬 第二章西行説話の背農第一章『西行物語』 第三節『撰集抄』との関連をふまえて第一節様々な説話集中の「西行説話」 第三章西行伝説の形成 結 ぴ 序 明治の末期に、その説話の虚構性が厳しく論求されてよ.

参考文献 『群書解題』二一、小林忠雄「撰集抄に関する一考察」(『国学院雑誌』四六ノ九)、今野達「撰集抄の成立について」(『国語国文』二五ノ一二)、伊藤博之「撰集抄における遁世思想」(『仏教文学研究』五)、西尾光一「西行的人間と西行好みの人間」(『文学』三七ノ四).

撰集抄 - 西行

email: qotyna@gmail.com - phone:(137) 313-9851 x 5952

高校 化学基礎 カラーノート - 実教出版 - 京都四季の花を撮る 山本建三

-> 野田宇太郎文学散歩 山陽文学散歩 第21巻 上 - 野田宇太郎
-> 金庫株を活用した事業承継・相続対策<二訂版> - 都井清史

撰集抄 - 西行 - おしゃかさま 狭川普文


Sitemap 1

楽園通信社綺談 - 佐藤明機 - 高校入試模擬テスト